第7回リモートポケモン学会

フランス語ポケモン名にみるポケモンの翻訳ー「世界共通名称」へのこだわりと固有の名前ー

プレゼンター:

一言コメント

ポケモンの外国語名は「世界共通名称」と固有の翻訳名とを両立していますが、実はこの方針を決定づけたのは、1999年発売のフランス語版赤緑、そしてその翻訳担当者J・バーダコフでした。
得てして「海外=英語」という印象も強いですが、英語が全てではありません。
フランス語版ポケモン名の魅力、そして外国語でプレイすることの面白さをお話します。

AIによる要約

※「Youtubeの文字起こし機能」と「GPT-4」による要約のため、内容に間違いが含まれる場合があります。
手法について詳しくはこちら

このプレゼンテーションでは、ポケモンの翻訳における世界共通名称と固有の名前について話されています。ポケモンの名前や技名には言語ごとの違いがありますが、ポケモンを友達として扱う表現など、フランス語版の独自の訳も存在します。ポケモンの名前や技名の違いは外国語でプレイする際の楽しみの一つとなっております。フランス語版ポケモンと、翻訳担当者であったジュリアン・バーダコフは任天堂の世界戦略にも影響を与えています。
(2023/11/4 カルフールさん加筆)

このプレゼンテーションでは、ポケモンの翻訳における世界共通名称と固有の名前のこだわりについて話されています。フランス語版では独自の名前が使われており、ポケモンの名前や技名には言語ごとの違いがあります。また、ポケモンの友達として扱われる表現やフランス語版の独自路線の役も存在します。ポケモンの名前や技名の違いは外国でプレイする際の楽しみの一つとなっており、フランス語版ポケモンは任天堂の世界戦略にも影響を与えています。このプレゼンテーションは、ポケモンに関する興味深い情報を提供し、参加者に楽しい時間を提供しました。

/ / / /

タイトルとURLをコピーしました